街路灯フラッグやオリジナルのフラッグ用アームも制作いたします!

街路灯フラッグSHOP

お問い合せ
消費税率改正予定に伴う重要なお知らせ 中国工場 秋の休業のお知らせ

メディア(生地)の種類

当ショップで使用するメディア(生地)は、大きく分けて「布素材」 「ビニール系素材」の2種類に分類されます。 基本的に布素材は軽くて風に影響されやすいので屋内用に使用することが多く、 ビニール系素材は丈夫で耐候性も高いので屋外での使用に適しています。 また、メディアの種類に応じて印刷方法や発色性は異なります。

  • テトロンポンジ

    • 布素材
    • 片面印刷/裏抜け

    テトロンポンジとは、のぼり旗の素材として最も多く使われているポリエステル系の生地です。 しなやかで、インクの裏抜けの良い薄手生地です。また安価ですので、 街でみかけるほとんどののぼり旗がこのポンジでできています。のぼりを作るときの最も一般的な素材になります。

  • ポリエステル110g/㎡

    • 布素材
    • 片面印刷/裏抜け
    • 防炎あり

    防炎認定品(日本防炎協会認定)の生地もございます!

    薄手で軽量なのが特徴です。テトロンポンジに比べ、厚みがあるため、耐久性は増しますが、プリントするデザインの裏抜け率は僅かながら低下します。屋内使用だけでなく、屋外で風に美しくなびくフラッグ生地として、多く活用されております。

  • 遮光ターポリン485g/㎡

    • ビニール系素材
    • 両面印刷

    光を通さず、両面印刷を行える上、表面と裏面で違うデザインにて印刷する事も可能です。雨風にも強く、屋外での長期間使用する販促宣伝フラッグなど最適です。文字も見やすく、印刷の色合いも鮮やかなのが特徴です。

  • メッシュターポリン380g/㎡

    • ビニール系素材
    • 両面印刷

    ポリエステル系の繊維を合成樹脂フィルムで包んだビニール系素材です。全面に小さい風通し穴のあるターポリンで、強い風により幕が裂けないように工夫されています。ターポリンよりも軽量で扱いやすい素材です。少し離れると穴は見えなくなり、デザインが鮮明に見えます。

印刷方法

屋外で使用するビニール系素材は溶剤インクジェットプリントかUVインクジェットプリントとなります。 屋内で使用する布素材には昇華型のプリント方式(インクを熱で気化させて繊維の中に染みこませる方法)が主な印刷方法です。 またデザインに大きく写真が入りシズル感をお求めの場合や、 耐候性能をより高く求められる場合などは高精細プリントのUVインクジェットプリント での印刷をお選びいただけます。